eスポーツベッティングでLeague of Legendsに賭ける

League of Legendsは、最も世界でプレイされているMOBAゲームです。

その競技人口は1億人越えという驚異的な人気で、eスポーツベッティングサイトでもこのLeague of Legendsは一番人気のゲームなのです。

eスポーツ界でのLeague of Legendsの存在はかなり大きく、世界中のファンがプロの人がプレイする大会などを観戦し、League of Legendsに賭けています。

Rank Gambling Site 限定ボーナス 始めてみる
#2 50% Up To $1,000 サイトを訪問 サイトを訪問
#3 50% Up To $1,000 サイトを訪問 サイトを訪問
#4 100% Up To $250 サイトを訪問 サイトを訪問
#5 50% Up To $1,000 サイトを訪問 サイトを訪問

このゲームはとにかく人気で、大抵どのスポーツベッティングサイトも取り扱っています。その為League of Legendsの賭けに興味がある人は、様々なものの中からあなたのお気に入りを選ぶことが出来るでしょう。

しかし裏を返せば、選択肢が多すぎて、どのサイトを選べばよいのかわからなくなってしまいますよね?

ご心配なく!上でご紹介するスポーツベッティングサイトなどの中から選べば簡単で安心です。信頼性、出入金方法、ボーナスなど様々な点を考慮して評価し、自信をもってお勧めできるもののみをご紹介しています。もちろん実際に私達もこれらの中からサイトを選んでLeague of Legendsに賭けて楽しんでいます。

サイト選びが完了したら、さあさっそくLeague of Legendsのゲームを学んでいきましょう。

準備はいいですか?

League of Legendsってどんなゲーム?

2009年のリリースと新しいものではないにも関わらず、ビデオゲームの中で一番人気であり続けるのは、常にアップデートがなされていることも一因でしょう。

League of Legendsは、MOBAゲームの一種で、5対5に分かれて適地の本拠地前にある「ネクサス」を破壊するゲームです。ターン制ではなくリアルタイムで進行します。

サモナーズリフト

上のマップをご覧ください。このマップは「サモナーズリフト」と呼ばれ、ここ熱い戦いが繰り広げられます。

プレイヤーは130種類以上もある、チャンピオンと呼ばれるキャラクターの中からひとつを選んで戦いに挑みます。チャンピオンも以下のように6つの種類に分類されます。

アサシン

短時間で高レベルのダメージを与えることを得意とします。

しかしながら、ディフェンスには弱い面も持ち合わせています。

タンク

体力があり、非常に硬いのが特徴。チームにとっているのといないのでは大きな違いがあり、重宝されるチャンピオンの種類です。

ファイター

近距離での殴り合いに強いのが特徴ですが、集団戦ではあまり力を発揮することが出来ないタイプのチャンピオンです。初心者には難易度が高いと言われています。

マークスマン

長距離から通常攻撃でダメージを与えることを得意とする射撃職。

メイジ

魔法使いであり、スキルを使って魔法攻撃を行います。ディフェンス能力に欠けることと、小回りが利かないことがネックとなります。

サポート

名前の通り、チームのサポートに徹するのを得意とします。

全てのチャンピオンを詳しく知りたい方は下のボタンをクリックしてください。

自分に合ったチャンピオンを見つけることが、League of Legendsに賭ける時の成功の秘訣でもあるので、慎重に選びましょう。

サモナーズリフトには、自動で行動する小さい兵士がたくさんいます。その兵士をミニオンと呼びます。色の違いで敵か味方を区別します。プレイヤーはチャンピオンを使ってレーンを進んでくる敵のミニオンを破滅させます。

また、両陣営ともにジャングルと呼ばれる場所があり、そこには「中立モンスター」が生息しています。ミニオンとは違い、どちら側にも属さないのが「中立モンスター」です。

その他にも「エピックモンスター」呼ばれるモンスターがいて、これらを倒すと、強力なバフ(支援)がもらえます。

試合の途中で死んでしまっても、数秒立てば復活することも出来ますが、後半での死亡は復活するまでに時間がかかるので、気を付ける必要があります。

ゴールを購入することで、新しい能力をつけたり、現存の能力をアップグレードすることも出来ます。

League of Legendsに賭けてみよう

ブックメーカーを通してLeague of Legendsに賭ける時には、どんな賭け方があるのでしょうか?

League of Legendsに賭ける時には大きく分けて以下の4つの賭け方があります。League of Legendsに限らず、CS:GOやDOTA2などのゲームに賭ける時も基本同じです。

試合の勝敗に賭ける(マネーライン)

単純に勝利チームを予想して賭ける方法です。

初心者の人であれば、一番賭けやすい方法だと言えるでしょう。

ハンディキャップ

ハンディキャップとはその名の通り、両チームの勝利が均等になるようにハンディキャップを与えて賭ける方法です。

自分が選んだチームがそのチームがたとえ負けたとしても、ハンディキャップの数値を差し引いて相手チームに勝つこともあります。

このような賭け方をハンディキャップと言います。

トータル

ゲーム内で発生するイベント数を予想し、その予想値を上回るか、または下回るかに賭ける方法で、ベーシックな賭け方として人気があります。

コレクトスコア

試合の最終スコアを正確に予想します。

他のスポーツであれば、ジャストなスコアを予想するのはとても難しいですが、eスポーツのコレクトスコアでは、両チーム2-0または2-1で勝つかの全4パターンです。

他の賭け方よりも当たれば大きいものです。

しかし、殺された数やタワーの破壊数など、当てるのは決して簡単なことではありません。

これで利益を得るのはハードルが高いので、お金を稼ぐという気持ちでコレクトスコアでLeague of Legendsに賭けるのではなく、ちょっとした挑戦を楽しむというような気持ちで取り組むのが良いでしょう。

賭けを成功するには、まず、ゲームを学ぶこと、チームやプレイヤーをよく知ること、これが賭けを成功に導くヒントだと考えてください。

人気のあるトーナメントや大会について

League of Legendsの競技人口は1億人以上という驚異の数字です。

これはテニスの競技人口に匹敵し、世界中の人々を魅了している証拠です。

また、このゲームの大会やCS:GOなどに出場して賞金を獲得し、スポンサー料で生計を立てるプロも多くいて、年収は1億円を超える人もいます。

世界中各地のリーグからトップチームが集まり、年に1回名誉と超高額賞金を懸けて開催されるのが「World Championship 」と呼ばれる国際大会です。

開催地は毎年変わります。

この大会は、世界中の人々の注目度も非常に高く、ゲームに詳しくない人ですら、この大会のことは知っている人も多いくらいです。

ほとんどのブックメーカーでこの大会は取り扱われていて、League of Legendsに賭けるのであれば「World Championship」には是非挑戦してみる価値があります。

その他にも、League of Legends関連の大会等は世界各地で開催されています。

日本では「全国高校eスポーツ選手権リーグ・オブ・レジェンド部門」なども開かれています。

League of Legendsで有名なチームや選手

League of Legendsでは、FunPlus Phoenix、G2 esport、Invictus Gamingなど、韓国勢と中国勢が絶対的な強さを見せつけています。

韓国人プロゲーマーである「Sang-hyeok Lee」通称「Faker」はゲームの神と称されていて、League of Legends界においては、最高の選手とされています。

所属チームはSK Telecom T1です。

日本は元来ゲーム大国であったにもかかわらず、eスポーツに関しては、中国や韓国に大きな遅れをとってしまいました。それは法整備が整わないことなども一因として考えられるのかもしれません。

いずれにせよ、日本政府もeスポーツが秘める経済効果に着目していて、今後支援をしていくと言われています。

世界のトッププレイヤーと比較すると、まだまだ日本人プロ選手のレベルは追い付いていないのが現実ですが、Detonation FocusMe所属の「Shunsuke “Evi”Murase」選手はLeague of Legendsの期待の星とされています。

League of Legendに関してよく聞かれる質問

ここでは、League of Legendsに関するよくある質問についてまとめてみました。

参考にしていただけたらと思います。

League of Legendsをプレイするのには有料ですか?それとも無料でできるのですか?
A無料で遊ぶことが出来ます。
マッチングにどのくらいの時間がかかりますか?
ALeague of Legendsの競技人口は1億人といわれています。多くの人がプレイするので、League of Legendsのマッチングは数秒で完了することもあります
League of Legendsの試合はトータルでどのくらいの時間を要しますか?
A1つの試合が大体30分から40分くらいかかります。隙間時間にゲームを興じる日本人にとって、この30分から40分は長めに感じるようです。腰を据えてプレイするのが良い、そんなゲームかもしれません。

League of Legendsに賭けて楽しむ

League of Legendsは、競技人口がテニスと並ぶ1億人という驚異の人気を保ち続けるゲームです。

世界中で開催されるLeague of Legendsの試合に出場して巨額の賞金を獲得し、スポンサー契約などで生計を立てるプロゲーマーたちも多くいます。

それらの試合を観戦するだけでも大興奮のeスポーツですが、超ハイレベルのプレイヤーにスポーツベッティングサイトからLeague of Legendsに賭けるのも、それ以上に盛り上がることも出来ますし、お金を稼ぐことも可能です。

ここでご紹介した賭け方や、それぞれのチャンピオンなどについてよく学んで、次のLeague of Legendsの賭けの機会に備えましょう。