eスポーツベッティングサイトでCS:GOに賭ける

CS:GOは、「Counter Strike Global Offensive」の略で、eスポーツの中で最も古いゲームのひとつです。

最初に発売された2012年当初は、ネームバリューはあったにも関わらず、人気低迷に悩まされていましたが 度重なるテコ入れなどで、ユーザーを徐々に増やし、今ではeスポーツの中で最も重要なゲームと言われるまでに成長してきました。

Rank Gambling Site 限定ボーナス 始めてみる
#2 Up To €30 Free Bet サイトを訪問 サイトを訪問
#3 100% Up To €200 サイトを訪問 サイトを訪問
#4 50% Up To €100 サイトを訪問 サイトを訪問
#5 Up To €50 サイトを訪問 サイトを訪問

ここでこのCS:GOの詳細を語り合う前に、まずはさておき、このCS:GOに賭ける時にお勧めできるサイトをご紹介したいと思います。

実際に私達もここでご紹介しているサイトを使ってプレイしています。

もちろんeスポーツはCS:GOに賭ける以外にも他のたくさんのゲームにも賭けることが出来るので、CS:GOの為だけに限定してサイトを選んでいるわけではありませんが、出入金での心配もなく、ボーナスも充実しています。

信頼のおけるサイト探しは、ここを参照してみるとよいでしょう。

CS:GOへのゲームとは

Counter-Strike Global Offensiveは、PCやXboxやPlayStationでプレイできるFPSゲームで、Valve Corporationが 発売したCounter Strikeシリーズの第4作目です。

他の類似したゲームと違って、一人で戦うことはできません。他のチーム対抗するために。チームに所属する必要があります。

チーム5人制で、テロリストのチームと特殊部隊の2つのチーム分かれて戦います。

戦いは30ラウンドにも及び、爆弾設置や介助、人質の救出や阻止などの任務を遂行します。任務を遂行できなくても、相手チーム全員を全滅させれば勝ちです。

以下は、他の類似したゲームと異なる点です。

  • ひとつひとつの戦いは短く、大体2分以内となっている
  • ラウンド中に健康状態が戻ることはない。
  • キャラクターが死亡した後にプレイが再開されることはなく、プレイヤーが死亡したら次のラウンドまで出られない。
  • 死んでしまった人の武器は、その後のラウンドで引き継ぐことはできない。次のラウンドでは、ベーシックな武器のみからで始めなければならない。
  • プレイヤーは前ラウンドで貯めたお金を使って、武器をアップデートすることが出来る。

これらは代表的なものですが、覚えておくと格段にプレイが楽しめます。

冒頭でもお話ししましたが、2012年のリリース当時は、プレイヤーの低評価に悩み続けてきました。前のシリーズと比べて変わり映えがしないことも原因の理由だったのかもしれません。しかし、ゲームのコンセプトやトーンは変わることなく進化し続けてきたことには、意義があると称賛されています。

このCS:GOが奇跡の大復活を遂げたきっかけは「Arm Deal Update」でした。ドロップするものは武器スキンやスキンが入った箱で、自分の武器に反映させることが出来、コミュニティーマーケットで、他のユーザーと取引できるのです。

高額取引では数万円の値が張るものまで出てきました。

このスキン取引が問題視されるところもありますが、このゲームの人気を高めた功労者であることには間違いありません。

今では不動の地位を築くゲームとして、多くの大会でも戦いの場として親しまれているのです。

CS:GOに賭け方

CS:GOに賭ける方法には、スキンギャンブルとリアルマネーギャンブルの2種類の方法があります。

ここでは、2つの賭け方を詳しくご紹介したいと思います。

スキンギャンブル

スキンギャンブルはゲーム全体で獲得できる装飾品で、それをSTEAMのユーザー間トレード機能を使い、サイト側のコインに交換してそれを賭けるギャンブルです。

しかし、これもギャンブルを助長するとの訴えがあり、ゲームの発売元であるValveと有名なギャンブルサイトとの間に問題も起こっているのも事実ですが、これがCS:GOの魅力を高めるものであることには間違いはありません。

リアルマネーベッティング

リアルマネーギャンブルは、サッカー、テニス、ゴルフなどの通常のスポーツに賭けるスポーツベッティングとほぼ同じような賭けです。

まず、CS:GOに賭けるときには、まず安心安全なブックメーカーを選ぶことから始まります。

冒頭でもご紹介したサイトであれば、安心してeスポーツベッティングが始められることでしょう。

ベットできる内容は、使うブックメーカーによっても多少異なってきますが、以下のような内容になっています。

試合結果に賭ける
どちらのチームが試合に勝つかに賭ける最も基本的な賭け方。最も基本的な賭け方なのでオッズは低め。
スコアに賭ける
両チームのスコアに賭ける
マップ勝者
各マップの勝者を予想して賭ける
トータルマップ
マップ2で勝負が決まるか、それともマップ3に持ち越すかに賭ける
特定のマップ内の総ラウンド数に賭ける
例として、マップ1でノラウンド数は25.5ラウンドより多いか少ないかなど
ハンディキャップ
例えば、Fnaticはハンディ+5で勝利するかしないかなど
ラウンド勝者
特定ラウンドでどちらのチームが勝つかに賭ける
オーバータイム
試合がオーバータイムに突入するかに賭ける

人気のあるプレイヤーやチーム

CS:GOの競技人口は2千万人といわれ、硬派なFPSなゲームといわれています。

日本はもともとゲーム大国で、ゲーム競技人口もそれなりに多いのです。

しかしながら、eスポーツとして考えると、法律の整備が整っていないことも要因しているのか、同じアジアでも中国や韓国に出遅れています。

そんな状況を危惧して、世界で通用するCS:GOのプロゲーマーを目指して奮闘しているのが「SCARZ Absolute」です。国内大会では1年半以上連勝し続け、日本代表として日本国内外の大会に出場しています。

また、お笑いのマネージメント会社として、日本人なら誰もが知っている吉本興業は、2018年からeスポーツ事業を立ち上げ、eスポーツチームの運営と、大会やリーグ運営など、この業界への本格参入を行っています。

日本初のプロゲーマーである「ウメハラ選手」や、「ときど選手」などカリスマ性のある強くて海外でも話題になるような選手が活躍し始め、ようやく日本のeスポーツ業界も盛り上がり始めていることを感じることが出来ました。

CS:GOで世界最強と言われるチームや選手の中に、まだ日本人選手は入っていませんが、今後の活躍に是非期待したいと思います。

以下は、2019年時点でのCS:GOのトッププレイヤーとその選手が所属するチームです。

順位選手名所属チーム
1位Mathieu Herbaut (フランス)ZYWOO
2位Aleksandra Kostyliev(ウクライナ)S1MPLE
3位Nicolai Reedtz (device)(スイス)DEVICE
4位Jonathan Jablonowski (アメリカ)Elige
5位Emil Reif (スイス)REIF

CS:GOのトーナメントとチャンピオンシップ

CS:GOのトーナメントやチャンピオンシップは数多く開催されています。

その中でも最も重要視されているものは、以下の通りです。

  • ESL One
  • World Electronic Sports Games (WESG)
  • Intel Extreme Masters (IEM)
  • BLAST Premier
  • Flashpoint
  • StarLadder
  • CSGO Global Championships

World Electronic Sports Games (WESF)は2019年にも東京で開催されており、賞金総額は2万4千ドルでした。

日本政府は2025年までには、eスポーツ産業によるeスポーツの観戦チケットや宣伝料、トーナメントや大会の誘致で26億ドル相当の経済効果を期待していると言われています。

このようなことから、今後日本での大会開催が増えていくことが予想されています。

CS:GOに賭けて盛り上がろう

2012年のリリース当初は、盛り上がりに欠けて人気低迷に苦しんだCS:GOですが、スキン取引などのテコ入れにとって、今では不動の地位を築いているFPSとなりました。

数々の世界大会やチャンピオンシップなども多く開催されていて、観客として見ている時より数段興奮間が味わえるeスポーツベッティングも盛り上がってきています。

日本政府も、eスポーツ市場の成長に期待を込めていて、法整備をはじめ、世界大会やチャンピオンシップなどの誘致も含め、日本でのeスポーツの発展が期待できそうです。

これを機に、このゲームをプレイしている人もそうでない人も、ブックメーカーからCS:GOに賭けて、今まで以上に楽しんでみませんか?