On This Page

競馬に挑戦してみよう

競馬とは、馬に乗った騎手が決められた距離のコースを走るスピードを競い、着順を予想して賭けるスポーツ及びギャンブルです。

日本では競艇・競輪・オートレースに並ぶ公益ギャンブルとして、人々の生活に深く根付いています。日本はもとより、世界各国でも人気があります。

Rank Gambling Site 限定ボーナス 始めてみる
#2 100% Up To €200 サイトを訪問 サイトを訪問

一頭の競走馬が生まれてからデビューを飾るまでには、飼育に携わる人、馬主として競走生活を支える人、調教する人、パートナーとして馬の能力を最大限の伸ばしながら共に戦う騎手、そして応援する人たちなど、数知れぬ多くの人々が関わっています。全ての人の熱い思いを一身に背負って戦う馬の姿に、多くの人が感動させられるのです。

馬と人間との関わりや、背景にあるそれぞれの物語を深く知ることで、単なる着順を競い合うスポーツ・ギャンブル以上の感動を味わうことが出来ます。これこそが、競馬の最大の魅力であると言っても過言ではないでしょう。

競馬の歴史

人間と馬との関わりは、はるか昔から形成され始めました。馬は古くから、人間の農耕、輸送、軍事の手助けを担ってきた重要な動物で、馬なしでは人間の歴史を語ることさえ出来ません。

日本はもとより世界各国でも、競馬は最も人気のあるスポーツ及びギャンブルで、その歴史は16世紀にまでさかのぼります。

馬を競い合わせる文化は、それ以前より世界中で存在していましたが、現在の競馬の形に近いものは、1540年にイギリスで生まれました。その後ヨーロッパやアメリカにも広まります。

日本における近代競馬の発祥地は、外国人居住地であった幕末の横浜元町です。この土地に外国人向けに洋式競馬場(根岸競馬場)が開設されたのです。その後この場所は、戦争の激化とその後の混乱によって、競馬場としての歴史に幕を閉じましたが、今は緑豊かな公園として人々の憩いの場になっています。

現在は法律の整備が進み、JRAが主催する中央競馬と、地方自治体が主催する地方競馬によって、日本各地で競馬が開催されています。

天皇陛下が観戦される天皇賞が行われるなど、競馬は皇室にもゆかりが深いのです。

競馬のレースの主催者

日本における競馬は、(日本中央競馬会)が主催する中央競馬と県・市町村などの地方自治体が主催する地方競馬の2つに分けられます。全国各地で行われる地方競馬は、NAR(地方競馬全国協会)という組織によって互いに連携して運営をしています。

基本的な競馬のルール等は同じですが、開催日、コース、賞金、騎手や調教師などに違いがあります。

一方海外においては、各国それぞれにレースの決まり事などを統括する団体が存在しています。

中央競馬

レース開催日は、原則として、毎週土曜日と日曜日。通常1日のレース数は12レース。ランクによってレースが分かれていて、中央競馬で開催されるレースの中で最高峰はG1と呼ばれている。規模の大きいレースでは、賞金が1億円を超えることも多い。

芝コースと砂でできているダートコースが完備されている。

地方競馬

曜日に関わらず、全国各地で開催される。中央競馬と重ならないように、平日に行われることが多い。ナイター競馬も開催されている。賞金は中央競馬に比べ低くなっているので、能力の高い馬は中央競馬に属していることが多いが、地方競馬から中央競馬を目指す馬も存在する。

競馬のレースの種類

中央競馬の競馬場は全国で10か所あります。競馬のレースは日本全国で行われていて、種類もランクも様々です。

ランク

JRAでは8つのランクがあり、それがレースの格付けになっています。最初は新馬戦から始まり、獲得賞金によってオープンクラスと呼ばれるG1、G2、G3を目指していきます。どの馬もG1を目指して頑張っているのです。

距離

競馬のレースの距離は1000メートルから3600メートルまでの間で、以下のように5つに分類されています。

短距離
1000~1400メートルのレースで、スプリントとも呼ばれる。
短距離のG1レースには「高松宮記念」や「スプリンターズステークス」などがある。
マイル
1400メートルから1800メートルまでのレースをマイル戦と呼ぶ。マイルが得意な馬を「マイラー」という。
マイルのG1レースには、桜花賞、安田記念、マイルCSなどがある。
中距離
1800メートルから2200メートル未満のレースを中距離戦と呼ぶ。世界的に最もスタンダートなレース。
中距離のG1レースには、皐月賞や天皇賞(秋)などがある。
中長距離
2200メートルから2800メートル未満までのレースで、「クラッシックディスタンス」と呼ばれている。
天皇賞(春)や有馬記念などがある。
長距離
2800m以上のレースを長距離と呼ぶ。長距離を得意とする馬は「ステイヤー」と呼ばれる。
長距離のG1レースには、天皇賞(春)や菊花賞などがある。

条件

その他、年齢や性別、馬の能力に応じたハンデなど、様々な条件が付けられます。

競馬の競走形態

競馬の競走形態も大きく3つに分かれます。

平地競走

何の仕掛けもないコースを走るのが平地競走。一般的によく知られた形態。

障害競走

途中に竹柵や生垣などの障害物があり、それをいかに早く超えてゴールするかを競う形態。

ばんえい競走

ばんえい競走は、日本独特の競走形態。体重が1トンを超える馬が、最大1トンもの鉄そりを引いて、スピードや力を競い合う競走形態。

現在は、北海道帯広市が主催し、地方競馬の帯広競馬場でのみ行われている。北海道開拓時代に農耕馬として活躍したばん馬が力強く走るレースに感動すること間違いなし。

馬券の種類

馬券の種類は全部で10種類あります。その中で人気のある馬券の種類をご紹介します。

単勝

1着になる馬を当てる、シンプルな馬券

複勝

選んだ馬が3着以内でゴールすることを当てる。初心者でも当てやすい方法。

馬連

1着と2着になる馬を予想する。1着2着の着順は関係なし。

3連単

選んだ3頭の馬が、指定した順番通りに1着・2着・3着でゴールする。初心者には難易度が高い。

競馬の馬券の購入方法

馬券の買い方にはいくつかの方法があります。一つはJRAを通じて買う方法であり、もう一つはブックメーカーを通じて買う方法です。

JRAを通じて購入

日本の競馬馬券は、JRAの競馬場やウィンズ・エクセルなどの場外馬券売り場に直接赴いて購入することが可能。
また即PATなどを使えば、自宅から、パソコンやスマホなどでも購入可能。
海外のレースの場合もJRAを通じて馬券を購入できるが、JRAが選んだ有名なレースの馬券のみを購入することが出来、全てのレースの馬券を購入できるわけでないので注意が必要。
JRAを通じて馬券を購入することのメリットは、日本語対応なので簡単ということ。

ブックメーカー

日本の競馬にも賭けることが出来るサイトもあり、還元率もJRAより高い。ブックメーカーを通じて購入できる海外の馬券は、JRAを通じて購入できる馬券よりも種類が多い。

大抵ブックメーカーを通じて購入した方が、還元率も高めでお得。

その他

オッズパークなどのサイトでも購入可能

よくある質問

馬券を買う場合、JRAを通じて購入するのがいいのか、それともブックメーカーを通じて購入するのがいいのですか?
A両方にメリットとデメリットがあります。
JRAは日本語で対応していて、手続きが簡単であることや、法律で認められている正規ルートなので、一切心配がないことなどがメリットとして挙げられます。
一方、ブックメーカーを利用すると、JRAで扱っていない海外のレースにも賭けることが出来 、還元率が高いなどのメリットがあります。
ブックメーカーは欧米で人気が高く、試合のストリーミング映像などを提供するところもあります。人によって何を重視するかが違うので、自分のニーズにより合った方を使ってみるのがよいのではないかと思います。
お勧めできる安心安全なブックメーカーはどこですか?
Aこのサイトでは、決済方法、カスタマーサービスなど、様々な観点から、安心安全なスポーツブックメーカーを定期的に精査しています。
競馬以外のスポーツベッティングもできるので、是非参考にしてみてください。
競馬に関するイベントはありますか?
A競馬場の入場料が100円から200円という安さで、家族で楽しめるイベントも度々開催されています。馬と触れ合う機会もあるので、是非チェックしてみるとよいでしょう。
また、規模の大きなレースの時は、競馬場の外でも街頭イベントが開催されることがあります。

まとめ

競輪・競艇・オートレースと並んで、日本4大公営ギャンブルの中に入る競馬は、日本のみならず、世界各国でも多くの人々に愛されているスポーツ・ギャンブルです。

競馬は、馬を育ててきた「生産者」、レースに備えて馬を鍛えた「調教師や厩舎スタッフ」、馬の競走生活を支えている「馬主」、馬の能力を最大限に引き出す「騎手」、そして競走馬や騎手を応援する観客という、多くの人々の思いが交錯していて、全ての馬にそれぞれの物語が存在します。これこそが、世界中の人々を引き付けて止まない競馬の魅力なのです。

競馬の世界では、「馬が7:騎手が3」と言われ、馬の素質が勝利の重要な要因であると考えられています。しかし、馬の素質と潜在能力を信じ、共に切磋琢磨した人々の努力と熱い思いがなくては、決して勝利には結びつきません。

競走馬がデビューするのは早くて2歳です。人間と同じように、馬にもそれぞれの個性や性格があります。競馬は、我が子の成長を見守り、応援しているかのような気持ちにさせてくれる、奥の深い感動的なスポーツなのです。

日本馬は、国内レースだけではなく、国際レースにも参加しています。あなたの応援する競走馬や騎手が、海外レースに出ているかもしれません。環境の違う馬場での戦いに苦戦していますが、あなたも競走馬のサポーターとして、その馬に関わった多くの人々と一緒に応援してみませんか?