On This Page

スポーツベッティングを通して競艇を楽しむ

競艇は、競馬・競輪・オートレースと並ぶ公営ギャンブルの一つです。最近、テレビでも有名なタレントさんたちが登場する競艇のコマーシャルを、よく見かけるようになりました。そして今、注目され人気が高まっているスポーツベッティングでも、競艇は人気です。

Rank Gambling Site 限定ボーナス 始めてみる
#2 100% Up To €122 サイトを訪問 サイトを訪問
#3 100% Up To €200 サイトを訪問 サイトを訪問

競艇は、色分けされた6艇が、1周600メートルのコースを反時計回りに3周して、順位を競い合います。選手の層は大変厚く、老若男女も問いません。ベテランの選手から、他の選手の孫くらいの年の若い選手までいて、対等に戦います。年齢や性別に関係なく参加できます。そして最近では女性の選手たちが活躍した甲斐もあって、以前よりももっと流行になり、娯楽性が高まりました。

おしゃれなイメージもある競艇ですが、実のところは0~1秒を争う激しいスポーツで、水上の格闘技と称されているくらいです。また、運転技術はさることながら、整備能力や自然との駆け引きができるかできないかも、試合結果に大きく影響します。

ナイター開催の競艇場もあるので、好きな時間帯に、気軽にレースを楽しむことが出来ます。まだ競艇観戦を体験したことのない人も、ブックメーカーから競艇に賭けるのが初めての人も、これを機に、迫力あるモーターの爆音と、白く舞い上がる水しぶきを感じながら、大いに盛り上がってみてはいかがですか。

競艇の歴史

はるか昔の1861年にパリのセーヌ川で行われたレースが、世界初の競艇だったと言われています。その後イギリスやアメリカに広まりました。

日本では、1931年に墨田川で行われたレースが最初の競艇でした。今はプロたちが参加するレースですが、当時はアマチュアの試合でした。翌年には、お台場で長距離レースが行われました。

1951年にモーターボート競走法が制定され、選手育成が始まり、社会法人モーターボート競走連合会が認可されました。翌年1952年に、九州・大村競艇場にて、初めての公式レースが行われました。競艇は、戦後の厳しい時代に、競馬をまねて地方自治体が財源を確保しようとしたことから始まりました。

元々ヨーロッパやアメリカで行われていた競艇ではありますが、その時には専用コースを回るというものではなく、海や川などの自然環境でレースをしていました。オリジナルのものに、色々手を加えながら、今の日本の競艇が出来たのです。世界で競艇が公営競技とされている国は、日本と韓国のみです。

他の公営ギャンブルに比べ、予測が立てやすいので人気も高まりつつあり、オッズが高いブックメーカーから競艇に賭ける人も増えています。

競艇のルール

まず、レースの前日に選手が乗るモーターとボートが抽選で決まります。あまりよくないモーターにあたってしまうこともあり、運次第ではありますが、選手は自分自身で整備をして、コンディションを整えます。運でレースの結果が変わってくることも事実ですが、優秀な選手は高い整備能力も持ち合わせています。

競馬など、他の競技と違い、必ず6艇で戦います。白・黒・赤・青・黄・緑の色に分かれ、一周600メートルのコースを3周して勝敗を決めます。6艇しか参加しないので、必然的に予測が立てやすく、ギャンブルとしては一番当たりやすいと言われる理由がここにあります。レースの結果予測に自信がある人は、ブックメーカーから競艇に賭けるのもいいかもしれません。

競艇のスタートは「フライングスタート」と言われ、一定の時間内にスタートラインを通過しなくてなりません。スタートライン近くに設置されている大時計の針が、スタート時間を指してから1秒以内にスタートラインを通過する必要があります。少しでも遅れれば「出遅れ」、ちょっとでも早くスタートしてしまったら「フライング」と、いうペナルティーが科せられます。「出遅れ」や「フライング」が起こった時には、舟券の金額が全額返金され、競艇場が経済的に打撃を受けるので、重いペナルティーが科せられるのも納得できます。

競艇では、レースが最大7日間連続で続き、その期間のことを「節」と呼んでいます。一節は予選から始まり、最終日に優勝戦が開催されます。観戦するのであれば、熾烈な戦いが予想される最終日の優勝戦をお勧めします。

レースの流れ

  • 本番レース前の提示航走
    レーサーがレースの直前に、ボートやモーターのコンディションなどを観戦者に見てもらうための練習走行をすること。
    提示航走には、スタート展示と周回展示の2種類がある。
  • ピットからスタート
    ピットに待機している艇が合図と共に発進して、助走を含めたコース取りをする。
    スタートコースを確定し、規定の時間内にスタートラインを通過することで、レースが始まる。
  • 第1ターンマーク
    最初のターンを制した選手が、試合を有利に進めると言われている。
    各々が様々な得意技を使っての攻防には興奮すること間違いなし。
  • 第2ターンマーク
    熾烈な上位争いが繰り広げられる。時には逆転することもあり、目が離せない。

競艇場

競艇場は全国に24か所あります。BOAT RACEのオフィシャルサイトのオフィシャルサイトから詳しく掲載されています。一つとして同じ競艇場はなく、水質、地形、風向きなどによっても、レースの結果が変わってくるのが競艇の楽しさでもあり、難しさでもあります。どの競艇場もそれぞれの特色を持っており、施設が提供するサービスも異なっています。

関東地方にある競艇場

  • 桐生競艇場
  • 戸田競艇場
  • 江戸川競艇場
  • 平和島競艇場
  • 多摩川競艇場

東海地方にある競艇場

  • 浜名湖競艇場
  • 蒲郡競艇場
  • 常滑競艇場
  • 津競艇場

近畿地方にある競艇場

  • 三国競艇場
  • 琵琶湖競艇場
  • 住之江競艇場
  • 尼崎競艇場

四国地方にある競艇場

  • 鳴門競艇場
  • 丸亀競艇場

中国地方にある競艇場

  • 児島競艇場
  • 宮島競艇場
  • 徳山競艇場
  • 下関競艇場

九州地方にある競艇場

  • 若松競艇場
  • 芦屋競艇場
  • 福岡競艇場
  • 唐津競艇場
  • 大村競艇場

江戸川競艇場は全国で唯一、河川を全面利用しています。東京湾にも近いことから、難しい競艇場として有名です。反対に、多摩川や尼崎は、「東の多摩川に西の尼崎」と称され、水面が穏やかな競艇場として知られています。

ご当地グルメなどを提供するレストランが併設されていたりするところもあり、各競艇場にはそれぞれの特色があります。自分のお気に入りの競艇場を見つけて研究してみても、さらなる楽しみ方が見つかるかもしれません。

それぞれの競艇場の立地条件や選手の特徴などをよく理解している人には、ブックメーカーから競艇に賭けることもお勧めです。オッズが高い分、高額配当が期待できます。

競艇の舟券の種類

競艇の舟券には全部で7種類があります。その中で人気のある舟券をご紹介します。

複勝

1着か2着に入る艇を当てる。初心者でも当てやすい賭け方。

各連複

1着から3着までの2艇を順位に関わらず当てる賭け方。的中率高め。

3連単

1~3着の順位を当てる賭け方。難易度が高い分、高額配当が期待できる。


競艇は、6艇しか参加しなく、他のギャンブルに比べると比較的当てやすいことで有名です。競艇の初心者は、まず複勝から始めて、慣れてきたらオッズの高い2連単や3連単を狙っていくのもいいかもしれないですね。

競艇の舟券の買い方

舟券の買い方にはいくつかの方法があります。

競艇場で買う

全国24か所にある競艇場で、直接舟券を購入する方法。

ボートチケットショップで買う

ボートチケットショップとは、場外販売所のこと。全国に55か所存在している。

インターネットで買う

テレボートは、インターネット上で即時投票する会員サービスのこと。年会費・入会金は無料。場所を選ばず、いつでも全てのレースの舟券を購入することが可能。

ブックメーカーから競艇に賭ける

欧米では人々の日常生活にかなり根付いているブックメーカーでは、あらゆることを賭けの対象にしている。日本の公営ギャンブルも例外ではなく、ブックメーカーから競艇に賭けることが可能。

公営ギャンブルとブックメーカーでは、オッズの決め方が異なる。公営ギャンブルは、パリミュチュエル方式という方式を採用している。これは、主催者が運営費用などの経費や利益を確保したうえで、残りの資金を当選者に分配する仕組み。一方ブックメーカーでは、独自でオッズを先に提示するので、ブックメーカーが大損する可能性もあり。

配当者にとっては、ブックメーカーから賭けた方がお得。日本の公営ギャンブルも、場内などで舟券を買うことはもちろんのこと、ブックメーカーから競艇に賭けることも出来ます。

ブックメーカーから競艇に賭ける楽しみ

競艇の舟券も、他の公営ギャンブルと同様、場内や場外の販売所で購入できるのはもちろんのことですが、オッズが高めのブックメーカーから競艇に賭けることもお勧めです。

欧米の人々はでは、ブックメーカーで、スポーツ以外でも、政治・天気・エンターテイメントなど、生活一般のことになども賭けをして、日常生活を楽しんでいます。

日本で、ブックメーカーから賭ける場合には、海外のものから競艇に賭ける必要があります。ブックメーカーを通じて賭けるとオッズが高いので、試合の結果予測に自信がある人にもお勧めです。またスマホなどの携帯端末からでも、手軽にスポーツベッティングはできるのでとても便利です

数多く存在するブックメーカーの中から、安心安全なブックメーカーを選ぶことが最も大切なことだと言えるでしょう。これが出来れば、競艇などの公営ギャンブルも、賭け方の選択肢がさらに広がり、これまで以上にもっともっと楽しめるかもしれません。

よくある質問

舟券は何歳以上から購入可能ですか?
A20歳未満の購入は法律で禁止されています。
ただし、未成年でも競艇場への入場は認められていて、各競艇場が子供向けのイベントなども定期的に開催するなど、家族全員で楽しめるものになっています。
各競艇場のレーススケジュールなどの情報はどこで入手することが出来ますか?
ABOAT RACEの公式サイトで確認することが出来ます。
ブックメーカーから競艇に賭けることを考えていますが、どのブックメーカーを選んでいいかわかりません。
A全てのスポーツに当てはまりますが、ブックメーカーから競艇に賭ける場合、安心安全なブックメーカーを選ぶことが、何より重要なことになります。
当サイトでは、決済方法・カスタマーサービスなど様々な観点から、多くのブックメーカーを定期的に精査し、評価しています。
是非参考にして、自分に合った安心安全なブックメーカーを選び、競艇のベッティングを楽しんでください。

まとめ

競艇は、色分けされた6艇が、1周600メートルのコースを反時計回りに3周して、順位を競い合う公営ギャンブルです。

女性選手たちの活躍もあり、華やかで娯楽性も備わってきて言いますが、実際は水上の格闘技と称されるように、激しいスポーツでもあるのです。
航走技術はもちろんのこと、運や整備能力、そして自然との駆け引き方も勝利に大きく影響力を及ぼします。

ナイター開催のレースもあるので、開催時間帯が比較的広く、誰でも観戦できる環境が整っています。
また、6艇しか参加しないので、他の公営ギャンブルよりも予測が立てやすく、初心者でも気軽に始められるのも利点の一つでしょう。

場内・場外販売所で競艇の舟券を購入して賭けることも出来ますが、オッズが高いブックメーカーから競艇に賭けるというのもお得です。
日本人でも安心して賭けることが出来るブックメーカーもあるので、まだ挑戦したことがない人は、これを機に楽しんでみるのもよいかもしれません。

スポーツベッティングを楽しむ