On This Page

ブックメーカーで稼ぐには

世界中の投資家と呼ばれる人々は、常に様々なものに投資しています。

外貨などもその一例ですが、徐々に人気が高まってきているのが、ブックメーカーで稼ぐ、ブックメーカー投資です。

Rank Gambling Site 限定ボーナス 始めてみる
#2 100% Up To €122 サイトを訪問 サイトを訪問
#3 100% Up To €200 サイトを訪問 サイトを訪問

ブックメーカーとは、スポーツはもとより、政治・エンターテインメントなど、様々な物事に対して、賭けを主催する運営者であり、そこに賭けて当たれば配当金をもらうというものです。

一見ただの単純なギャンブルに見えるかもしれませんが、少額からでも参加できることや、賭けの種類が多く、誰でも簡単に興味が湧くものが見つけられ、楽しみやすいこと、日本の公営ギャンブルよりもお得な点など、メリットが多い為、年々利用者が増えています。

ここでは、ブックメーカーで稼ぐことがどうしてお得なのかをご紹介していきます。これらを参考に、興味はあるけれどもまだ試したことがない人も、楽しくブックメーカー稼ぐという体験をしてほしいと思います。

ブックメーカーの歴史

ブックメーカーとは、スポーツ・政治・エンターテインメントなど、世界中で起こる様々なものに対して、リアルマネーを投入し、賭けを主催する会社のことを指します。

世界中の人々が賭けを行っていますが、もちろん日本の競馬、相撲、オリンピックやeスポーツもその対象になっています。

ブックメーカーの歴史は意外に古く、1790年代にまでさかのぼります。イギリスのニューマーケット競馬場で行われた競馬の賭けがもとになっていると言われています。

イギリス政府の弾圧を受けた時代もありましたが、それでもブックメーカーは徐々に広まりました。最終的にはイギリス政府も法案を採択し、民間会社がブックメーカーを運営することが認められるようになりました。

今では、各国で政府公認のブックメーカーが合法的に運営されています。世界中の人々がスポーツはもとより、政治・エンターテインメントなどありとあらゆる事象に対して、リアルマネーで賭け、ブックメーカーで稼ぐことを投資ととらえる人も多くなってきました。

ブックメーカーで稼ぐのは合法か違法?

カジノ法案などによって、ギャンブルを取り巻く環境にも変化がみられる日本ですが、現時点では、公営ギャンブルと言われる競馬・競輪・競艇・オートレース、宝くじ、totoなどのスポーツ振興くじ、パチンコ以外は法律で禁止されています。

しかしながら一方で、ギャンブルに対する日本の法律では、日本国内にあるブックメーカーなどのギャンブル主催者を通じての賭けは禁じられていますが、主催者が海外にある場合は、違法でも合法でもないという、あいまいな状態になっています。

ブックメーカーなどの主催者が海外にある場合は、違法になる可能性がゼロではありませんが、極めて低いということになります。

大切なことは、信頼性の高い安心安全なブックメーカーを選ぶということでしょう。

ブックメーカーで稼ぐメリット

世界中の人々がブックメーカーを通じて様々な賭けをしています。ブックメーカーの人気がそんなに高い理由は、メリットがたくさんあるからです。ここでは、ブックメーカーの大きなメリットをご紹介します。

少額からでも始められる

賭ける対象物や選んだブックメーカーにもよりますが、数百円から賭けられるものもあり、少額から始められるのも魅力の一つです。

もちろん、効率よくブックメーカーで稼ぐには、まとまった金額で賭けるのが手っ取り早いのかもしれませんが、コツコツと少額からブックメーカーで稼ぐ人もたくさんいるのです。

賭けの対象が豊富で選択肢が多い

多種多様なスポーツ、エンターテイメント、政治など、世界中の様々な事柄に対して賭けをすることができます。選択肢が豊富なので、自分が得意とすることや、興味を持っていることを探すのがとても簡単です。

ブックメーカーで稼ぐには、得意分野や興味をそそられたものに対して賭ける方が、断然有利なので、誰にでも得意分野を見つけやすいブックメーカーでの賭けは、チャンスも大きいと言えるでしょう。

また一つの試合の中でも、何通りもの賭け方があります。とにかく種類が多いので、飽きることがありません。

還元率が公営ギャンブルに高い

還元率とは、主催者側の運営資金などを、あらかじめ差し引いた払い戻し率のことを指します。還元率が高ければ高いほど勝ちやすいということになります。

競馬・競輪・競艇などの日本の公営ギャンブルなどの還元率が58%ほどと言われる中、ブックメーカーは95~98%の還元率を維持しています。数字だけを見ても、ブックメーカーで稼ぐ方がお得ということがわかります。

ブックメーカーも通常4~6%程度の手数料を取って運営していますが、世界中にブックメーカーを利用している人がいるので、日本の公営ギャンブルなどに比べ、ブックメーカーを利用してベットした方が還元率も高くなるというのが仕組みです。

損失を最小限に抑える

ブックメーカーには「キャッシュアウト」という機能が付いています。これは、結果が出る前に、掛け金を払い戻してもらうことを指します。

試合の流れが不利になった場合など、キャッシュアウトをすることで、損失額を最低限にとどめることが出来ます。この機能は、ブックメーカーで稼ぐ人にとってとてもありがたい機能と言えるでしょう。

スマホなどからも手軽にできる

ネットの普及により、スマホなどの端末から24時間好きな時に、場所を選ぶことなくベットすることができるようになりました。

ライブベッティングなどを使えば、短時間で結果が出るため、さらに効率的にブックメーカーで稼ぐことを可能にします。

ストリーミング映像を楽しめる

各ブックメーカーのサイトでは、スポーツベッティングなどのために、ストリーミング映像を配信しています。

それを観ながらスポーツベッティングをすることはもちろんのこと、スポーツベッティングをせずに、観戦だけすることも出来ます。

興味があるスポーツを観戦しながら、ブックメーカーで稼ぐのも楽しいです。

ブックメーカーの始め方

ブックメーカーを始めると決めたら、いくつかのステップを踏むことになります。

これらのステップに従って、ブックメーカーで稼ぐ楽しみを味わってください。

Step1アカウント登録

ブックメーカーを決めて、アカウント登録をします。

個人情報を渡すことに抵抗感がある人も多いが、登録情報は正しく入力すること。

間違った情報を入力すると、勝利金が引き下ろせなくなる場合があるので注意が必要です。

Step2ブックメーカーに入金

各ブックメーカーが様々な入金手段を用意しているので、その中から自分に合ったものを選びます。

海外の運営元であるブックメーカーとの金銭のやり取りに不安がある人も多いと思いますが、ecoPayzやSTICPAYなどのような電子決済サービスを選ぶと、セキュリティーも強固で安心です。

Step3賭ける

実際に賭けて、ブックメーカーで稼ぐことになります。使うブックメーカーによっても多少異なりますが、基本的に難しいことはありません。

賭けたい種目を選び、オッズなども確認します。

自分が得意とする種目や分野に賭けることをお勧めします。それがブックメーカーで稼ぐ一番の効率的な近道なのです。

Step4出金

勝利金を出金します。

クレジットカードやecoPayz、Sticpayなどの電子決済サービスなどから、自分に合ったものを選びます。

出入金の難点は、出入金の方法が頻繁に変わることです。使うブックメーカーや、使うタイミングによって変わることが多いからです。

しかし、出入金の方法が変わっても、資金は問題なくやり取りできるので心配は無用です。臨機応変に対応してください。

ブックメーカーと税金

ブックメーカーで稼ぐと、当然ながらその利益は「一時所得」というカテゴリーに入り、確定申告が必要になります。ただし、稼いだ金額が50万円以下であれば、納税の必要はありません。

賭けをする際に、お金の出入金の記録などが残っているので、税務所も調べやすい状況になっています。ばれないのではなどと考えず、きちんと申告してください。

人それぞれの状況も違うので、詳しいことは会計士さんに確認して、気持ちよくブックメーカーで稼いでください。

まとめ

スポーツのみならず、政治・エンターテイメント・天気など、ありとあらゆる物事を賭けの対象にするブックメーカーであれば、どんな人でも楽しんでベットをすることが出来ます。投資についての深い知識がなくても、自分の詳しいスポーツなどに賭けて、楽しみながらブックメーカーで稼ぐことが出来ます。

公営ギャンブルに比べて還元率が高く、従って他のギャンブルに比べても勝ちやすいです。また、損失を最小限に抑えるようにする「キャッシュアウト」という機能があるので、試合の流れが不利になった場合などには、最適な時間に賭けから引くことが出来ます。

これは保守的にブックメーカーで稼ぐ人にとって、ありがたい機能もあり、これらも、ブックメーカーで稼ぐメリットの一つと言えるでしょう。

ブックメーカーでは、オリンピックやワールドカップなどの試合はもとより、日本の競馬や競艇や競輪も賭けの対象にします。

無料で楽しめるストリーミング映像も活用して、楽しみながら稼ぐことが出来たら最高ですね。